河口湖 郷土料理 みはらし亭 山梨の郷土料理『ほうとう』メニューのご案内

 

       




富士山にいだかれた河口湖を目の前に、みはらし亭の料理人が腕をふるいます。
山梨の郷土料理から、定番の和食まで、河口湖を訪れる人々に「富士山を見ておいしいお料理を食べて良い旅だったね」
と云っていただけるよう、一品一品決して手を惜しまず心を込めて調理しております。



米の育たなかった山梨「甲州」では、古くより小麦粉を使った麺を野菜と煮込み、味噌で仕立てた「ほうとう」を朝昼晩と親しんでまいりました。昔の人々の知恵と歴史が作り上げた山梨の味をお楽しみください。

お料の画像をクリックすると大きな写真がポップアップ画面に表示されます。画面が出ない場合は、ポップアップを許可してください。

  ほうとう鍋定食

  2,000円 (税別)

  山梨の郷土料理『ほうとう』と、河口湖で釣れた『わかさぎ』のフライ。

  そして、料理長自慢の和食とのコラボレーション

  盛りだくさんの定食です。

  ほうとう鍋定食

  1,500円 (税別)

  『ほうとう』と『わかさぎ』と和食のおいしいところ・・・

  山梨を満喫できるみはらし亭のお勧めメニュー 

  ほうとう鍋定食

  1,000円 (税別)

  山梨の味を楽しむのならこのコースがお勧めです。

  暖かくてはばの広いほうとうに、かぼちゃは欠かせません

  ほうとう鍋学生定食

  1,000円 (税別) 学生様のアレルギー食対応します。  

  学生さん用にボリューム満点の一品。ほうとう鍋はもちろんのこと

  フライやウィンナー・ミートボール等お腹いっぱいのおいしいメニュー


 
 『ほうとう』は、山梨県の郷土料理です。 
 小麦粉を練って、のばし、幅広い帯状に切った麺を、白菜、人参、ネギ、里いも、シイタケなどの野菜を入れてみそ仕立てで
 煮込んだうどんですが、特に、『うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう』と昔から言われたように、かぼちゃ入りのほうとうは絶品です。
 このほうとうの語源は諸説ありますが、やはり山梨と言えば、武田信玄公。その信玄公に由来した語源がロマンがあります。
 信玄公は、山梨になかなか米が取れない事から、小麦をこねて作った幅広のうどんに「信玄が自らの刀で具材を刻んだ」
 野菜を入れてみそで煮込んで作ったうどんを、民に広めた・・・事から『宝刀』・・・ほうとう・・・と言われるようになった。
 この説は、実は言語学的見地からは否定されているのですが、なんとなく信玄公の人柄が分かる良い言い伝えだと思います。



〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津4041

電話番号0555-72-2277
ファックス番号:0555-72-2248
フリーダイヤル:0120-022770